−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










魚沼郷土料理「きりぜ」
大力納豆使う納豆・・・大力納豆(大力納豆/新潟県)
RECIPE・・・大力納豆/坂詰仁さん
CHEF・・・納豆文化村/藤本香織

大力納豆さんの製品で赤いパッケージに軍配マークといえば、この「大力納豆」のこと。全国納豆鑑評会で日本一を含む受賞の常連だけに、大豆の旨味がとても良く生かされている納豆です。

この「きりぜ」という料理は昔から魚沼地方に伝わる名物料理だとか。野沢菜とみかんの皮の他いろいろな具材を自由に混ぜるという、とてもポピュラーな料理です。「医者ごろし」という別名が伝えられているように、健康にもとても良いものです。

さて香織がこの「きりぜ」に挑戦!!包丁もろくに持ったこともないのに料理をやらされる羽目になってしまって。トホホ・・・。できるかなぁ・・。でも香織の持ち前の好奇心と前向きな気持ち(笑)で見事に完成させてみせまする。




用意するもの
大力納豆●大力納豆
大力納豆の代名詞
大豆の旨みが生かされています。
野沢菜●野沢菜
1センチくらいに刻みます。
量はお好みだよ。
みかんの皮●みかんの皮
皮を薄く削って細かく刻みます。
香りつけに。

胡麻や鰹節●胡麻や鰹節
胡麻を振りかけて、
鰹節は最後に乗せて出来上がり。




さて香織が料理に挑戦
昔から新潟魚沼地方にある「きりぜ(切り材)」という学校給食でも使われる料理です。今回は、「野沢菜・ゴマ・みかんの皮・鰹節」を入れてみました。もう少し具材が多くても良かったかな?みかんの皮は、洗って細かく刻みます。
今日は特別に用意した「闘魂」の鉢巻を巻いて・・。いや実は無理やり巻かされて、いや本当は巻きたかったりして(笑)、とにかく気合いを入れて頑張る香織です!!



作り方
・みかんの皮は洗ってから細かくきざみます。
・野沢菜も細かくきざみます。
・納豆とみかんの皮、野沢菜、胡麻を混ぜ合わせ、鰹節をまぶして出来上がりですよ〜!



出来上がり〜!!
魚沼郷土料理「きりぜ」歯ごたえのいい野沢菜とさわやかな香りの
みかんの皮が納豆を上品に引き立てています。
胡麻と鰹節ですご〜くまとまりのある料理に仕上がりました。

香織・・・納豆のふっくらとした柔らかさと野沢菜のコリコリ感が最高!もっといっぱい野沢菜を入れても良かったかな?納豆のやさしい旨みが絶妙に具材とマッチしてとってもおいしかった。
これなら香織が自宅でも出来るしおばあちゃんにも作ってあげたいな♪皆さまにもぜひオススメしたいです(^^)

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved