−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆パスタ
100%北海道大粒☆使う納豆・・・100%北海道大粒(大力納豆/新潟県)
☆RECIPE・・・大力納豆/坂詰智恵子さん
☆CHEF・・・納豆文化村/伊藤冴瑛

「100%北海道大粒」は平成12年度全国納豆鑑評会で農林水産大臣賞(日本一)を受賞した大粒のこだわり納豆です。北海道産トヨマサリ大豆の本来の旨味と八海山系のおいしい水を見事に融合させたすばらしい納豆です。

今日はこの日本一の納豆を使ってパスタに挑戦。納豆はパスタにだって良く合うみたい。和風パスタです。日本一の納豆パスタができちゃうかな。
ツナって英語でマグロって意味。シーチキンは、和製英語。マグロなどの魚肉をサラダ油に漬けた缶詰。鶏肉のように低カロリーで高タンパクで脂肪が少ないことから名付けられたんだって。シーチキンはマグロじゃないよ、芽莉ちゃん(^皿^)以上、冴瑛の豆知識のコーナーでした〜(勝手に‥)



用意するもの
100%北海道大粒●100%北海道大粒 45g
大粒納豆とパスタの歯ごたえが期待できそう。楽しみ!
パスタ●パスタ
1人前は100グラム。大きな鍋にたっぷりのお湯でアルデンテに茹でて。
ツナ缶(半分)●ツナ缶(半分)
納豆とツナ缶って冴瑛は初めての組み合わせ。よく合いそう!

マヨネーズ大さじ1、大葉2枚、塩、黒コショー、オリーブオイルそれぞれ適量●マヨネーズ大さじ1、大葉2枚、塩、黒コショー、オリーブオイルそれぞれ適量




作り方
・「100%北海道大粒」45gにツナ缶を半分混ぜます。
・マヨネーズ大さじ1、塩・黒コショーを適量入れて混ぜる。(味を見ながら・・・)
・パスタをアルデンテで茹で、オリーブオイルを絡ませる。
・茹でたパスタに先ほど作ったパスタソースを混ぜてよーくからませる。
・仕上げに大葉の千切りをのせる。


出来上がり〜!!
納豆パスタポイントは茹でたあとのパスタにオリーブオイルを絡ませること。オリーブオイルが香ってパスタをさらに引き立てます。オリーブオイルを絡ませておくことで時間が経ってもパスタ同士がくっついたりしないんだよ。

【冴瑛のひとこと】・・・納豆のネバリがパスタとよく絡みます。仕上げの大葉で彩り良くなり、和風度アップ!納豆の弾力とパスタのモチモチ感がお気に入りになりました。食べごたえあり♪ツナとマヨと塩とコショウの加減がとっても重要だよ。慎重にネ!

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved