−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










アボカドサーモン丼
沢口麻生☆使う納豆・・・秘伝(ふく屋/秋田県)
☆RECIPE・・・納豆文化村/沢口麻生(まい)
☆CHEF・・・納豆文化村/沢口麻生

今日使う納豆は、秋田県ふく屋さんの「秘伝」です。香りと甘みに優れた大粒で食べ応えがあると評判の秘伝大豆を使った、こだわり納豆「秘伝」を使って、麻生が美味しくてお洒落な納豆料理に仕上げてみます。

ふく屋さんは、全国納豆鑑評会で、第16回札幌大会と第13回金沢大会で、過去2回受賞されている秋田県のこだわりメーカーさんです。

ふく屋さんは、大豆の本来の美味しさ自然で濃厚な豆の味を知ってもらいたいとの信条を持たれて、納豆作りをされています。秘伝という青大豆も初めてですが、この食べ応えのありそうな大粒納豆をどのように仕上げていくか、楽しみです!



用意するもの


【 納豆 】
国産緑豆納豆を使ったふく屋さんの「秘伝」を使います☆
【 サーモン 】
薄くスライスしてあるものが使いやすいですね♪

【 アボカド 】
種を取って潰します。
【 ご飯 】
今回は定番のサトウのごはんを使いました。

アボカドとサーモン

種が大きい!
見て!種が大きい!

秘伝を乗せまーす
秘伝を乗せまーす


信州松代産長芋です 鬼おろしで長芋を卸す


作り方

(1)長芋を鬼卸でざっくり卸す。
(2)アボカドをつぶし、サーモンを切って混ぜる。
(3)卸した長芋にアボカド、サーモンを入れて混ぜる。
(4)器に(3)を入れ、上に大粒納豆を乗せて完成〜!

入れて混ぜます! 完成〜♪

出来上がり〜!!
出来上がり☆さすが大粒の納豆だけあって、存在感も食感も素晴らしいです!長芋とサーモンとアボカドの組み合わせも絶妙です。それぞれが秘伝の特徴を押し上げてくれていて、とても満足できる出来上がりになりました。
【麻生の感想】サーモンが少ししょっぱいから、味付けは全然必要ありません。アボカドがもっとネットリしていると思ったけど、長芋との組み合わせで、意外にさっぱり。秘伝の旨みをより広げてくれ、絶妙なマッチングが素晴らしいです。

長芋の白、サーモンのピンク、アボカドの緑の組み合わせがとてもきれい。秘伝も少し緑がかった納豆で、色合いも素敵です。鬼卸の長芋にシャキシャキ感が残り、これだけ素材の相性がいいのも珍しいのではないでしょうか。豊かな色合いに華やかさもあり、おしゃれ感もある完成度の高い料理になり、麻生も大満足です。
Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved