−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










ツナとアボカドとチーズ
ツナとアボカドとチーズ☆使う納豆・・・川中島納豆(増屋納豆店/長野県)
☆RECIPE・・・納豆文化村/岡部成美
☆CHEF・・・納豆文化村/岡部成美

今回成美が挑戦するのは、増屋納豆店さんの「川中島納豆」を使っての納豆料理です♪ 川中島納豆ってすごいんですよ。同じ商品で平成12年度と平成20年度の2回も全国納豆鑑評会で日本一になっているんです! 特大の納豆の粒の大きさも見ごたえがあるし、当然ながら味もしっかりしているので、どんな料理に仕上がるのかとっても楽しみです。



用意するもの


【 納豆 】
増屋納豆店さんの川中島納豆を使いまーす!
【 フレークのツナ缶 】
缶の淵で手を切らないようにね♪

【 アボカド 】
真ん中の種に包丁を沿わせるように当てて、皮を剥くよ☆
【 チーズ 】
定番の四角いベビーチーズを使いました。

【 ポテトチップス 】
大きめがのせやすいよ!
【 トッピング 】
ブラックペッパーや刻みのりをお好みでどうそ♪


アボカド投入!
アボカド投入!

やっと完成☆
やっと完成☆


アボカドを切ります まぜまぜ〜♪


作り方

(1)フレークのツナ缶とつぶしたアボカドを混ぜ納豆を入れる。
(2)チーズを1cm角に切り、(1)と軽く和える。
(3)ポテトチップスに乗せる。
(4)刻みのりやブラックペッパーをふりかけて食べる。

ブラックペッパーをふりかけて 出来上がり♪

出来上がり〜!!
かんせ〜い☆完成したツナとアボカドとチーズは、アボカドが混ざっているので、少し緑かがっていて、その中に白いチーズがちょこんと混ざっているとても可愛らしい見た目に仕上がりました☆ 右の写真のように、色付きのお皿に乗せるとカラフルでオシャレです。そのままでも美味しいのですが、上からきざみのりやブラックペッパーをかけると、味も見た目もさらに豪華になってオススメです♪ 味にもメリハリが付きます☆
【成美感想】・・・今回初めて納豆料理に挑戦しました!納豆料理ってどんな味がするんだろ〜とワクワクしながら実際に作ってみると、「ツナとアボカドとチーズ」はあっさりとしていて、ツナとアボカドが、粘り気のある納豆にピッタリ合っていたので驚きました! 仕上げにブラックペッパーや刻みのりを上からふりかけると、味のアクセントにもなり、ポテトチップスの塩味との相性が良く、さらに美味しくなりました。ポテトチップスは、平べったくて大きめの物を使うのが上に乗せやすいと思います。おやつ感覚でパパッと混ぜるだけで手軽に作れるので、お家でもまた挑戦してみたいです♪
Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved