−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










きゅうりと大根のおろし和え納豆
使用納豆☆使う納豆・・・お好きな納豆(今日は笹沼五郎商店さんの「天狗納豆」を使いました。)
☆RECIPE・・・納豆文化村/石坂麻悠
☆CHEF・・・納豆文化村/石坂麻悠

お客様に常に快い香りの納豆を提供するため、『原料大豆・水・醗酵条件』この3点に重点をおく大力納豆さんの自慢の一品、大力納豆を使います。

きゅうりと大根をおろして盛り付けるだけ!?火も包丁も使わないお料理です。これなら誰でも簡単にできちゃいますね。大根おろしはよく作るけど、きゅうりおろしって珍しい!うまくでるかな。納豆とゆずの酸味と香りがどのようなハーモニーを奏でるのか、とても楽しみです☆★



用意するもの
納豆●有機極小・1パック
タレと一緒に混ぜておきます。
きゅうり
●きゅうり
緑色が綺麗なきゅうりを選んでください。
大根●大根
大根おろしはきゅうりと同じ量を作ります。

ゆず●ゆず・1個
ゆずは絞り汁も皮も使います。皮は飾り用にせん切りにします。


【写真左】大根・きゅうり・ゆずです。綺麗に撮れてるでしょ☆
【写真右】大根をおろします。力のいる作業です!


作り方
・大根おろしを作ります。同じようにきゅうりおろしも作ります。
・きゅうりおろしには、柚子の絞り汁と混ぜ合わせます。
・柚子の皮は細かいせん切りにして飾り用にします。
・タレで混ぜた納豆を器に盛り、その上に大根おろし、きゅうりおろしをバランスよくのせます。
・最後にせん切りにした柚子の皮を飾って完成です♪。


出来上がり〜!!
きゅうりと大根のおろし和え納豆緑と白と黄色でとても鮮やか!きゅうりおろしに柚子の絞り汁を混ぜたのがポイントかな☆麻悠は絞り汁は多めがお勧めですよ!鮮やかな色と、爽やかな酸味が食欲をひきたてます。

【麻悠のひとこと】・・・きゅうりと納豆?!と、最初は味に期待できなかった麻悠。ところが食べてみたら 「おいしい‐!!!」と太鼓判。きゅうりと納豆なんてどう考えても妙な組み合わせだけど、意外と相性は良かったです☆柚子が納豆のにおいを消して、とってもあっさり爽やかな味付け。お酒のつまみや、ちょっと食欲のないときにぜひ食べてみてね‐♪ちなみに今回きゅうりをおろすという貴重な体験をした麻悠ですが、きゅうりは大根より全然おろしやすかったです。だから野菜をおろすのが面倒な人は大根よりきゅうりの分量を多めにするといいかもね☆

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved