−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










昆布とシラス和え納豆
昆布とシラス和え納豆☆使う納豆・・・お好きな納豆
☆RECIPE・・・納豆文化村/深沢七央
☆CHEF・・・納豆文化村/深沢七央

今回は村田商店さんの安曇野を使って、納豆に塩昆布とシラスを混ぜるといった誰にでも、七央でさえも簡単に出来ちゃうお料理です!!調味料はとっても大切なのでお忘れなく★☆素材の味をうまく引き出すためには、最初の仕込みが重要ですよ!!

納豆、昆布、シラス干しの3種類を合わせるとどんなお味になるのか楽しみです★最後のトッピングも楽しみのひとつ。バランス良く、きれいな彩りに仕上げたいです♪がんばるぞ(^O^)



用意するもの
納豆●納豆
お好きな納豆を1パックを使います。今回は安曇野を。
昆布●昆布
納豆の量の3分の1くらい。元から味が付いてる昆布がオススメ。
シラス干し●シラス干し
昆布と同じくらい使います。バランスを見ながらね。
調味料●調味料
鰹節、万能ねぎ、七味。最後のトッピングで大活躍の三種です!




作り方
・熱湯にシラス干をさらします。その後にしっかりと水気を切ってください。
・かき混ぜた納豆に昆布、シラス干しを混ぜ、器に盛り付けます。
・最後に鰹節、万能ネギ、七味をトッピング!完成です!



出来上がり〜!!
昆布とシラス和え納豆納豆にシラスを混ぜるとき、湯通しした後結構くさみがあるので、水で洗うといいでしょう!今回使用した安曇野はとてもしっかりとした食感がある納豆だったので高級感たっぷり!最後の調味料が味をしっかりとまとめています!簡単な料理だけど、味わいの深い立派なおかずに大変身しました(^_^)

【七央のひとこと】・・・納豆の旨味、昆布の塩気、調味料やトッピングで十分な味付けになっていました!特に七味を加えるとキリッとして全体が引き締まるよ。簡単なのにしっかりした味わいに七央はビックリ!ご飯と一緒に食べたくなってしまう一品に仕上がりました♪♪

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved