−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆のかきあげ
子鹿納豆☆使う納豆・・・子鹿納豆(しか屋/鹿児島県)
☆RECIPE・・・しか屋/宮之原綾子さん
☆CHEF・・・納豆文化村/夏目柚香

宮之原さんのレシピに従って柚香が作るのは、「納豆とお野菜のかきあげ」で〜す!使う納豆は、鹿児島の「しか屋」さんの「子鹿納豆」。「しか屋」さんが社名から「子鹿」とネーミングしているしか屋さんの代表選手の「子鹿納豆」は、全国納豆鑑評会での受賞メーカーさんの納豆だけに、完成度が高いと評判の納豆です。こんなすばらしい納豆をかきあげにしちゃおうという、なんとも贅沢な料理です♪
 柚香はいつも納豆は生で食べるから・・・納豆を揚げたらどんな感じになるのかな(?O?)さくさくの衣の中に入った納豆・・・う〜ん想像下だけでおなかがすいてきたぁ(☆〜☆)



用意するもの
納豆●納豆
子鹿納豆
1パック
エリンギ●野菜
エリンギ2/1、玉ねぎ4/1
オクラ3本、三つ葉 適量
えび●えび
ボイルえび
大さじ2程度

小麦粉●「衣」
小麦粉、水 適量
堅さを調整しながら入れます!

醤油●「天つゆ」
だし汁は80ml
酒、醤油 各大さじ2

大根●「天つゆ」
みりん 大さじ1
大根おろし 2/1カップ


【写真左】今日使うエリンギちゃんと柚香です。これがどんな風に変身するのかなぁ☆
【写真右】エビちゃん投入です〜♪材料を小麦粉、水と合わせていきますよぉ。


作り方
(1)天つゆの材料は小さめの鍋に入れて温めておく
(2)エリンギは1cm角に切る。野菜類も適当な大きさにそれぞれ切る。
(3)納豆、(1)(2)、小麦を混ぜ合わせる。水を加えて固さをみながら混ぜ合わせる。
(4)スプーンで一口サイズずつ170度の揚げ油に落としいれ、さくっと揚げて油を切り、器に盛る。

【写真左】う〜んいい音♪かきあげがいい感じにあがっていますょ〜!!!
【写真右】かきあげの完成(^O^)ちょっと丸いのは気にしないでくださいねっ☆笑


感想
かきあげ完成〜!油からあげた瞬間からいい香りがしてきました♪狐色になった表面が食欲を誘いますね〜☆一口食べてみると「サクッ」!とっても食感がいいんです☆ぷりぷりしたエビと少し歯ごたえのあるたまねぎとやわらかくなっている野菜たち。そしてなんといっても納豆!存在感があって、やさしい味が引き立っていますね。納豆と野菜とエビがちょうどよくあがっています(^ー^)かきあげには味がついているので、そのままで食べることができるんです。ご飯のおかずとしてもいけちゃいますね!ちょっとしたおつまみとかにもいいですよね♪これに冷たいビールがあったら・・・最高ですょね★(笑)

【柚香のひとこと】・・・大根おろしはしっかり水気をきってから入れてください。水分が多いので小麦粉は多めにつかったほうが、しっかり固まってばらばらになりにくいですょ☆揚げ油にに入れるときにバラバラになりやすいので、しばらくスプーンで抑えておくとまとまとがよく揚がります♪ 衣が黄金色になってきたらすくいあげてくださいね!

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved