−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆の油揚げの包み焼き
そでふり納豆使う納豆・・・そでふり納豆(下仁田納豆/群馬県)
RECIPE・・・下仁田納豆/南都さん
CHEF・・・納豆文化村/石坂麻悠

北海道産の大袖の舞大豆100%を使用した「そでふり納豆」は、下仁田納豆さんの伝統的な炭火醗酵式製法で作られます。
経木で包まれているので、納豆の匂いがしっかりと抑えられていて、品のいい香りと旨味の深い味が特徴のこだわり納豆です。

そでふり納豆は一粒一粒が大きい!食べごたえ、噛みごたえ、共に期待できます♪そでふり納豆の長所を上手く生かしておいしい油揚げの包み焼きを作りますよ!




用意するもの
納豆●納豆
下仁田納豆さんの、そでふり納豆☆ビックリするくらいの大粒♪
油揚げ●油揚げ
麻悠は油揚げを焼くのは初体験。
ちょっと不安です(>_<)
乾燥桜海老●乾燥桜海老
油揚に入るかどうか不安だったので
少し刻みました。
アサツキ、醤油●アサツキ、醤油
アサツキを小口切りにします。
醤油はお好みで。



さて麻悠が料理に挑戦
さてさて、麻悠初めての納豆料理作り。包丁使って食べ物刻むことは好きだけど、1人ではお菓子しか作ったことのない麻悠です。まぁなんとか頑張りますよ(^_^)v
桜海老とアサツキを混ぜると色合いがとてもキレイ☆油揚に包むのがもったいないくらいです。
でもね、アサツキって初めてだけど何?ネギと違うの? 芽莉ちゃん・・・アサツキはね、ネギと同じネギ科だけど、ネギより辛みが少なくて、ミネラルが多いらしいよ。



作り方
・油揚げを真ん中で切って二つにする。(三角でなく長方形にする。)
・中を裂いて袋状にし、油揚げの中に詰められるようにする。
・「そでふり納豆」に乾燥桜海老少々とアサツキ少々を混ぜる。
・油揚げの中に詰めて、つまようじで袋の口を止める。
・焦げ目がつくようにフライパンで焼く。
・醤油をかけていただく。



出来上がり〜!!
納豆の油揚げの包み焼き外側の油揚がパリパリしていてとっても美味しい♪さらに、予想していた以上に納豆のひとつひとつの食感が良かったです!桜海老は、今回は刻みましたが、刻まないで入れたほうがもっと食感を楽しめたかも。ちょっと反省です(/_・、)

【麻悠のひとこと】・・・楊枝は右の写真のように、飾り楊枝でとめるとお洒落だよね。箸置きのネコちゃんも飾り楊枝の油揚げを見て、「おいしそうだニャ〜」と言ってるみたいでしょ。アツアツ、パリパリの油揚げの食感と、大粒のしっかりした旨味の納豆が、絶妙な組み合わせです。油揚げと納豆と桜海老が、お互いに自分を主張しすぎないで、美味しさのバランスをとっています。こだわりの「そでふり納豆」が、こんな美味しい料理になって麻悠大満足です。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved