−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆天ぷら
納豆天ぷら☆使う納豆・・・大保納豆(サン食品工業/秋田県)
☆RECIPE・・・サン食品工業/柴田純子さん
☆CHEF・・・納豆文化村/八木沢雅弓

サン食品工業さんは、2008年2月に金沢で行われた全国納豆鑑評会で「農林水産省総合食料局長賞」を射とめられたこだわりメーカーさんです。今日はその受賞納豆「大保納豆」を使って、納豆天ぷらに挑戦です。うまく出来るかな? いやうまく作りますよ!



用意するもの
大保納豆●大保納豆
「大保納豆」
3パック
大葉●大葉
10枚使います。
卵(小)●卵(小)
1個

天ぷら粉●天ぷら粉
約1/2カップを用意します。

ねぎ●ねぎ
1/4束くらいでね。

shio●塩
少々だよ。


納豆とねぎを混ぜます 卵を入れて混ぜます
美味しく出来上がるようにしっかり愛情こめてまぜなくちゃ♪


作り方
(1)大葉を千切りにし、ねぎを刻む。
(2)納豆と(1)を混ぜ、塩を少し入れて混ぜる。
(3)天ぷら粉に水ととき卵を入れてかき混ぜ、その中に(2)をいれて混ぜる。
(4)(3)を180℃の油で揚げる。
(5)めんつゆでいただくとおいしい。
揚げる準備完了 揚げます
いよいよこれから揚げていきます!!うまく出来るか不安の雅弓シェフ。ちょっぴり顔ひきつってます。


出来上がり〜!!
納豆天ぷら完成!どうですか!このサクサク感!カラッと揚がった天ぷらをふうふうしながら食べてみると、これがまた食感の素晴らしいこと。「大保納豆」は生で食べると強い粘りがあるので、てんぷらにしたときのサクサク感には本当に驚きました!カラっとと揚がった衣を破ると、中にはホックリとした納豆が!てんぷらにしてもその柔らかさと香りのよさが残っていたのは流石「大保納豆」!という感じです(^^)衣と、中の納豆と大葉の食感、味わいが絶妙!。ビールがあれば最高に楽しめる一品。

【雅弓のひとこと】・・・サクサクの衣の中にホクホクの納豆が・・・!!たまらなく美味しい一品です!!もう止まらない〜☆天ぷら苦手って人も油の中でも納豆の粘りがうまくまとめてくれるので、簡単にできちゃいますよ♪雅弓のオススメとしては小粒じゃなく大きめの納豆を使うことがポイントです。そうすると衣のサクサク〜と納豆のホクホク〜がより楽しめます。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved