−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆ソースのピリ辛焼き豆腐
ひき割り納豆使う納豆・・・ひき割り納豆(登喜和食品/東京都)
RECIPE・・・登喜和食品/遊作さん
CHEF・・・納豆文化村/加藤芽莉

北海道十勝産の大粒のトヨホマレ大豆を、納豆を仕込む直前に挽き割るという贅沢なひと手間が入っています。 経木に包まれているので、アンモニア臭の発生も抑えられている高級なひきわり納豆です。香りも味も上質な品の良さを感じることが出来る納豆です。

納豆とお豆腐の大豆つながりのお料理です。納豆がコチュジャンによってピリ辛になって、焼き豆腐をどんな風に味付けするのか…。とても期待大です!!お豆腐を崩さないように頑張って焼きます☆皆さん応援よろしくお願いします(^∇^)♪




用意するもの
納豆●ひき割り納豆
ひき割りがなかったら
包丁で刻んでくださいね。
片栗粉、卵●片栗粉、卵
お豆腐を焼く前につけます☆
木綿豆腐1●木綿豆腐
焼き豆腐を作るので、
木綿が良いです。

調味料●調味料
醤油、酢、砂糖、ごま油、サラダ油
コチュジャン、万能ネギ




さて芽莉が料理に挑戦
左:今回は納豆でソースを作るので、ひき割り納豆を使います。細かい粒は調味料たちとよく絡みます。いったいどんなソースができるのでしょう。とても楽しみな芽莉です☆
右:納豆といえば、欠かせないのがこの万能ネギ!納豆文化村で納豆料理を作るようになって、ネギの切り方が少し上達した気がします。テヘッ(∂∀<)☆★これからも頑張って納豆料理を作っていきますね!



作り方
・豆腐はキッチンペーパーではさみ、お皿などの重りを乗せて水をよくきっておく。
・納豆はタレでねる。ねぎは小口きりにする。
・納豆、しょうゆ、酢、砂糖、ゴマ油、ねぎ、コチュジャンを混ぜる。←納豆ソースになる。
・水をきった豆腐を、2〜3センチくらいの厚さに切る。
・切った豆腐に卵、片栗粉をつけて、焦げ目がつくまで両面をやく。
・焼いた豆腐をならべ、納豆ソースをかけて完成!



出来上がり〜!!
納豆ソースのピリ唐焼き豆腐納豆が、胡麻油の香り、お砂糖の甘味、コチュジャンの辛味と調和して、とても美味しく出来ました!お豆腐は水気をよくきって、カラっとアツアツに焼くと美味しいですよ。ひき割り納豆の良さをうまくいかしたお料理になりました。

【芽莉のひとこと】・・・牛丼や豚丼などに乗っけても合うかも☆今回のようにソースとして使ってもいいし、ちょっとしたおつまみとして食べてもいいですね♪納豆にお豆腐、とってもヘルシーなお料理が完成しました☆(写真右)どうですか、この色合い。とても美味しそうな香りがしてきそうでしょ♪

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved