−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆のお好み焼き
粒自慢☆使う納豆・・・粒自慢(山ノ下納豆/新潟県)
☆RECIPE・・・山ノ下納豆/佐藤幸夫さん
☆CHEF・・・納豆文化村/伊藤冴瑛

平成8年度全国納豆鑑評会において連合会長賞を受賞! 粒自慢の風味は、なんと言っても大豆自体の旨みです!新潟産の大粒大豆を使用しています。大粒で納豆の風味が大豆の中までは入っていないので、周りの納豆の風味を感じた後、噛むと中心部の大豆自体の旨みがふんわりと感じられます。

混ぜて焼くだけで簡単なのにおいしい料理、文化村スタッフみんな大好きお好み焼き。 鉄板をみんなで囲んでワイワイ作るとおいしさ倍増なんだよね♪



用意するもの
●粒自慢
大粒が食べやすいし、見た目のバランスもよい。
●お好み焼き粉
小麦粉でも良いがお好み焼き粉があればなお良い。
●玉ねぎとキャベツ
キャベツ、玉ねぎともに千切りにしておきましょう。
ピーラーで玉ねぎをうすーくスライスしました。ピーラーって思ったよりよく切れて、きれいにスライス出来るんだけど結構怖いんですっ(>∩<)

●混ぜる
水はパッケージに記載されている通りで。



作り方
・千切りにしておいた玉ねぎとキャベツをお好み焼き粉と混ぜる。
 (イカやタコなどは味が複雑になるのでオススメしない。)
・薄く焼くのがポイント!!。
・ 仕上げにマヨネーズ・ソース・しょうゆなどをお好みで。

ひきわり納豆

出来上がり〜!!
納豆のお好み焼き薄く焼くことで、大粒の納豆がひきたちます。カリッとした生地とふっくらした納豆も魅力の一つ。
たっぷりの野菜と納豆でとてもヘルシー。おやつにいいね。

【冴瑛のひとこと】・・・他の具材が入っていないので、納豆の味がそのままいきています。おいしい納豆の風味が広がります。お好みの味付けで、おいしく簡単にできますよ♪納豆好きには、もってこーい(^〇^)のお料理。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved