−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆そば
有機極小☆使う納豆・・・有機極小(山ノ下納豆/新潟県)
☆RECIPE・・・山ノ下納豆/佐藤幸夫さん
☆CHEF・・・納豆文化村/加藤芽莉

新潟県の北部のJAにいがたあさひで、契約栽培で作っている納豆用に開発された極小大豆"こすず"を使用した納豆です。添付のタレも新潟県小千谷市の山崎醸造さんの製品で新潟づくしです。



用意するもの
●薬味
きゅうり、大根おろし、とろろ、ねぎ、かつお節、卵など冷蔵庫にあるものを適当に。
●有機極小
大きすぎるとそばと絡みにくい。
●そば
お好きなそばをチョイスしてください。


作り方
冷やし中華風に作る。
・茹でたそばの上に薬味と具、卵の黄身、納豆を乗せる。→完成☆
・食べる前に全部をかき混ぜる。
(思い切りよくかき混ぜるのが美味しく食べるポイント!)

ひきわり納豆

出来上がり〜!!
納豆そば今回は中華風に作りましたが、他のバリエーションもたくさんできます。
レパートリーが広がりますよ!!

【芽莉のひとこと】・・・彩り豊かで、とても綺麗☆せっかく作ってもったいないけど、思い切りかき混ぜて食べた方が美味しいですよ。お好きな具材をチョイスしていろいろな味を楽しんでくださいね♪

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved