−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆














納豆文化村に新コーナー誕生です!
納豆100選100レシピがスタートすることになりました。第一回のレシピ撮影は港区芝大門にある豆腐料理の名店「かくれ」さんにて行なわれました。メーカーさんに送っていただいたこだわり納豆とレシピ。そのレシピを使って文化村スタッフが納豆料理に挑戦!納豆を使ったどんなアイデア料理が登場するのかドキドキです♪ −納豆文化村/伊藤冴瑛−

伊藤冴瑛
たくさんの食材と調理道具が並んで準備万端!みんなこの日を待ちに待ってたから張り切って料理スタート!このテンション最後まで持ちますように。。頑張りましょ☆こんなに大きなフランスパンも冴瑛の手にかかれば〜すごぉい納豆料理に生まれ変わるんだよ。お楽しみに!

【 写真左 】9時集合だったのに香織ちゃんがいな〜い!電話してみたら「今、起きた‥」って寝ぼけ気味(∋_∈)待ってるよォ!急いでね♪今日のスケジュールミーティング始めマス。
【 写真右 】菅屋食品の加藤さんに来ていただきました。エプロン姿ステキじゃないですか!今日のために奥さんから納豆レシピを伝授してもらったそうで。ありがとうございます(^^)

【 写真左 】「かくれ」さんの中村社長と後藤さんとで撮りました。納豆文化村のオリジナルエプロン似合ってるでしょ?っていうポーズだったんだけど。サイド2人なんか違う‥怪しいぞォ!?
【 写真右 】菅谷食品の加藤さんも加わって集合写真をパチリ。みんな笑顔で楽しそうな雰囲気!記念に残る一枚だね。


冴瑛:まずは「納豆チヂミ」から作ります。使うのは菅谷食品さんの納豆。加藤さんしっかり教えてくださいね。

加藤さん:自信ないなぁ。料理してないことがバレちゃうなぁ。いつも任せっきりだから。

冴瑛:そんな弱気なぁ。さぁ進みましょう。ネギを切ります。このレシピには5センチって書いてます、OKですか?

加藤さん:ネギは大きい方がおいしいよ!うちで作るときは5センチどころじゃなくデッカイよ。ネギをたっぷりいれると風味も色合いも良くなるよ。

冴瑛:なるほど。次は小麦粉と水を混ぜて納豆入れるんですよね!じゃあ加藤さん混ぜてください!(なんだかあたしが指示してるなぁ。立場逆転?)

加藤さん:はいっ混ぜます!あ、小麦粉こぼれちゃった。まぁいいか。

冴瑛:バレてないし気にしない気にしない!ちゃんと混ざったし早速焼きましょう。

【写真1】エプロンがお似合いの加藤さん。納豆チヂミのコーチです。
【写真2】大きくざっくりと切ったネギを混ぜます。
【写真3】伊藤さん焼くのうまいねとコーチからお褒めのお言葉。
【写真4】とっても香ばしい香りがもうたまりません。


加藤さん:焼くときのコツは生地を薄く広げるんだよ。大きさもフライパンに合わせて適当で大丈夫。油多すぎ〜火強すぎ〜もっと薄く〜!

冴瑛:うぅダメ出しがー。すいませんっ。焼けてくると香ばしい良いにおい。桜えびを散らすと色もキレイ!

加藤さん:この桜えびを入れると見栄えも味もいいんだよね。いい具合に焼けてきたからひっくり返してみよう。頑張って!

冴瑛:失敗したらどうしよう。よいしょっと〜うまくいったぁ!はぁ緊張した。

加藤さん:ナイス!両面こんがり焼けたら完成だよ。出来たての熱いうちに食べてみよう。

冴瑛:やったー!いただきまーす。納豆のねばりと大豆の柔らかさのおかげで生地がふっくらモチモチ。タレを付けると味が引き締まるなぁ。おいし〜い♪加藤さん今日のチヂミどうですか?

加藤さん:うん上出来!おつまみにも最適だね。

七央:わぁ超おいしい! 芽莉:すごーい!

【 写真左 】香織ちゃん大遅刻で到着したよ(^皿^)ごめんなさいっ、目覚まし鳴らなかったの〜と必死にいいわけ。ハチマキで気合入れなきゃね!
【 写真右 】香織ちゃん真剣に一豆闘魂!気合を入れた混ぜ方でホーラこんなに粘っちゃったよ〜! すごい、箸に全部くっついてきて、納豆重〜い。


香織:焦って走ってきたので、しっかり目が覚めました。香織はこの赤い軍配マークを使うよ。

冴瑛:なんかまだ寝ぼけ気味な感じだけど‥大丈夫かなぁ?香織ちゃんのサポートするね。頑張っておいしく作ろう!

香織:大・丈・夫!これはすごく簡単料理だからね!すぐ出来ちゃうけどとってもおいしいんだから。

冴瑛:楽しみだね。それにしても香織ちゃんハチマキ似合うね!

香織:うふふ〜ありがと♪冴瑛ちゃんもね!

冴瑛:じゃあまず何をしたらいいかな?

香織:野沢菜とミカンの皮を切ります。お願いしま〜す。

冴瑛:了解でっす。ミカンの皮を使うのって初めて。柚子はよく香り付けに使うの聞くけどね。

【写真1】かつお節と黒ゴマを持つ寝ぼけまなこの香織ちゃん。
【写真2】魚沼に伝わる名物料理「きりぜ」の完成です。
【写真3】ピーラーで大根を薄く削っています。
【写真4】大根を菜箸で突き刺して照れ笑いの香織ちゃん。


香織:冴瑛ちゃん包丁使うの上手いねぇ!

冴瑛:うそー全然普通だよ?家でちょこちょこ料理するぐらいだし。人並みだからもっとうまくなりたいもん。

香織:え(・ε・)じゃあきりぜは混ぜて完成!次は大根使うよ。せん切り?ん?どうすれば?

冴瑛:ピーラーを使う?それから包丁で細く切るとかは?

香織:大根を手に持ってたら危ないから何かいい方法ないかなあ。

冴瑛:じゃあ大根に菜箸さしちゃえ〜!もうなんだってありだよ。

香織:よし、うまくピーラーで削れた。包丁で切っていくよぉ。う〜ん難しいかも〜何とかできた。

冴瑛:え(`◇´)もしや香織ちゃん包丁苦手なの?!この大根太すぎだよ!せん切りじゃないよぉ。これじゃ「ほうとう」だよ。

香織:ほおっとうぃてぇ(笑)あんまり料理とかしないからさぁ。

七央:家に帰ったらお母さんの手料理が出来てるもんね!

香織:そうそう☆

冴瑛:う、うんうん、そっか。それであんなに誉めてくれたのね。冴瑛お直し入りまーす。大根切らせていただきまぁす。

七央:冴瑛ちゃん切るの上手〜♪! 芽莉:すごーい!

【 写真左 】納豆トーストは七央ちゃんの担当メニュー。写真手前がピーマンで緑系、写真奥がパプリカの赤系。黄色いチーズと絡んで鮮やかでしょ。
【 写真右 】ちょっと〜プロの仕上がりじゃない?とみんなに誉められまくりの七央ちゃん。自分でもビックリな様子。


冴瑛:納豆トーストのピザ風って名前もオシャレだね。和の納豆がイタリアンに変身するんだね。じゃあ七央ちゃんお願いしマース。

七央:チャオみなさん!七央頑張りま〜す。たくさんの材料でしょ?ボリュームたっぷりの具材だよ。

冴瑛:まずは材料切らなきゃね。七央ちゃんもあんまり料理しないんだっけ。気をつけてね。

七央:この白い包丁おもちゃみたいで切れなさそう。わー、でも切れる!

冴瑛:セラミックだから切れ味抜群だよ。きゃー七央ちゃん指!左手の材料持つ指が伸びてて危ないよォ。

七央:・・・・・。

【写真1】料理初心者なのに食材抱えて満足の七央ちゃん。
【写真2】指が伸びてて危なっかしい七央ちゃん。
【写真3】こちらも指が‥危なっかしい七央ちゃん。
【写真4】とろけるチーズをのせる七央ちゃん。これは見てても安心。


冴瑛:ありゃりゃ、超真剣モードで聞こえてない。ま、とりあえず切れてるし。

七央:エヘヘ、ちょっとピーマン太いけど切れました。これをパンにのせて〜♪っと。

冴瑛:待って!ピザソースが先じゃなかったっけ?

七央:あっ!忘れてた。そうだった。あはは。

香織:ちゃんと確認しなきゃダメだよ!

七央:(香織ちゃんに言われるなんてショック。)あ〜このソースいいにおい!ピザみたい。

冴瑛:(‥‥だってピザソースだもん‥)

七央:じゃじゃ〜ん★焼けたよ!超おいしそう!食べよぅ。

全員:すごーい!納豆とピザソースって合うね。見た目もいいし。チーズと納豆の糸がよく伸びーる。

七央:我ながらすばらしい出来になりました。

芽莉:すごーい! プロみたいだね!

【 写真上左 】カイワレ大根と塩辛です。何を作るかは、ご想像のとおり(笑)
【 写真上右 】出来あがりー!。どうですか芽莉の作品は。塩辛見えますか?
【 写真下左 】アボカド納豆です。アボカドの自然の甘さと黒豆納豆が合います♪
【 写真下右 】きれいだわぁ!このまま伝票をくっつけたいね?えー650円です。安い?


七央:アボカド納豆作るよ!初めてですよ、実物見るの。なんか黒いしブニブニしてる。ちょっと不思議。

冴瑛:アボカドは熟してるとそんな感じだよ。色も柔らかさも食べ頃。

七央:熟れてるアボカドって黒いんだね。ではアボカドを切りますよ。あーここから硬いなぁ。なんで?

冴瑛:そりゃあそこは種なんじゃないの?

七央:そっかぁ、アボカドって種あるんだー。じゃあ裏っかわを切ればいいの?

冴瑛:そうだよ。反対側から真ん中に当たらないように切って。

七央:あーっ切れたぁ。わぉーっすごーい!!アボカドって中がこんなんだぁーっ!!超すご〜い!!なんか生まれたみたいー。これが種かぁ。超デカイ!

冴瑛:勉強になったね!それから中身をよくつぶすんだよね。

七央:うん。なんかアボカドがフニャ〜って感じ。

【写真1】アボカドを切ります。
【写真2】中身はキレイな黄緑色。種が本当に大きいですね。
【写真3】黒豆納豆をボウルに入れます。大粒のキレイな納豆です。
【写真4】よくつぶしたアボカドを黒豆納豆と混ぜます。


冴瑛:黄緑色がとってもきれいだね。これに黒豆納豆をいれると色合い最高だよね。

七央:そだね。この黒豆の納豆って粒が大きいね。ツヤツヤ光沢もあるし。ではよくつぶしたアボカドを混ぜます。できあがり!じゃあ食べまーす。

芽莉:トロリとした粘りがいいですね。アボカドの甘みと黒豆のうまみがよく合う!おいしい。

七央:芽莉ちゃんいい事言う〜。なんか白ご飯欲しくなっちゃう。

冴瑛:分かるかも。わさびと醤油加えてもいい感じだよ!ピリっと効いて。

芽莉:そうだよね!そうだよね!

納豆明太パン
上の写真に写っていたフランスパンをこのように納豆明太パンにしてみました。フレンチに仕上げてみたのであります。文化村スタッフは料理初心者で見事なボケっぷりのため、うまくいかなくておもしろすぎたことも多々あったけど、みんなで協力しながら楽しく料理できたよ。
レシピと納豆をご協力いただいた納豆メーカーのみなさんありがとうございました。今回のおもしろ・おかしさ・たのしさを生かして、これからもたくさんのおいしい料理をボケながら作っていきたいな(^^;)期待しててくださいね。

いろんな納豆料理を作ってみて、納豆って何にでも合うんじゃない?って思い始めました。和風はもちろん、韓国風、イタリアン、フレンチにもよく合っていい味をだしていたよ。他の食材の味を引き立てながらも、納豆の旨味の存在感はしっかりと残っているよ。

納豆の可能性って無限大。日本の誇る伝統食品・納豆をもっとたくさんの人が日常的に食べるようになることを願っています。十人十色、百人百様、千差万別、そんないろいろな表情の納豆をたくさんの食材で変化させて楽しんでみられるのはとっても幸せですね。みなさんもいろいろな納豆料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

納豆がもっと大きく国境を越えてワールドワイドになる日が来るといいな。

納豆文化村 伊藤冴瑛

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved