−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆














納豆炊き込みご飯
佐藤さん主催のそば打ちの会のメンバーにプロの料理人の堀川さんという方がいらっしゃいます。今日は特別に堀川さんが納豆料理を作ってくれることになりました。それも珍しい「納豆の炊き込みご飯」なんです。

(写真左)お米を研ぎます。奥只見の水はとても冷たくてミネラル分が豊富!!おいしいご飯が炊き上がるんだろうな♪ (写真右)堀川さん、研いだお米を大切に土鍋に入れます。

 
堀川さんが持参した土鍋は内蓋が付いていました。この内蓋が余熱で蒸らすときにすごく有効なんだそうです。洗ったお米が土鍋の中に入っています。その上に昆布とお酒・おしょうゆを入れます。内蓋と外蓋をして、強火で沸騰させます。

(写真左)蒸気が出てきました。いい匂いがあたりに漂います。沸騰したので火を弱めて3分。その後火を止めて余熱で10分蒸らします。
(写真右)さぁ〜てどうなっているでしょうか??堀川さんが内蓋を開けてみます。ドキドキ。右手にはしゃもじ。

(写真左)内蓋を開けてみるとすっかり炊き込みご飯のいい匂い♪このまますぐに食べたいくらいです。でもここで我慢我慢。堀川さんはまず昆布を取り出しました。
(写真右)次に刻んだ大葉とねぎを入れます。さらにこの次に・・・

(写真左)ここで登場するのが佐藤さんの会社、山ノ下納豆さんの大粒「粒自慢」。ざるにあけて水洗いしています。水洗いすることによって、炊き込みご飯にしたときに香りがとても品よくなるそうです。
(写真右)堀川さん、丁寧に丁寧に混ぜています。

いよいよ完成しました!!まさに納豆炊き込みご飯の匂いになっています。
堀川さんがまず少し手のひらにとって出来上がり具合を確かめます。「うん、うん」堀川さん納得の表情です。
奈々もその後一口だけ試食させていただきました。炊き込みご飯が粘っています。すごぉ〜い、ご飯が糸引いてる。そしてお味は?もちろんもちろんプロの味!!こんなにおいしい炊き込みご飯は初めて!!しかも納豆の味もしっかりあって、もぉ〜大変!
昆布とお酒とおしょうゆの絶妙な味付けの炊き込みご飯に納豆がこんなにも合うんですね♪最初強火で沸騰させて、弱火で3分、蒸らしが10分。プロの手際よい技にとっても感心。奈々もすごく勉強になりました。
納豆ってアイディア次第でいろいろな料理に応用できるのですね!奈々もずいぶん刺激されたので納豆料理を研究してみようかなと思いました!
堀川さんお疲れ様でした。そば打ちの会で納豆料理を作っていただけるとは思いもよらなかったので、とっても嬉しかったです。プロの技と味を堪能させていただきましてありがとうございました。
河嶋奈々

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved