−納豆は、食を彩る 主人公−


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆













第22回全国納豆鑑評会 京都大会
平成29年2月24日(金)


審査風景(鑑評会当日朝から受賞決定まで)


《 第22回全国納豆鑑評会 審査風景 》

第22回全国納豆鑑評会 審査風景 第22回全国納豆鑑評会が2017年2月24日(金)、京都市の京都ブライトンホテルで開催されました。

午前8時30分に審査員が審査会場に入場。審査員は研究者や文化人。食品関係者や省庁関係者等、総勢31名です。第一次審査の様子をいろいろな角度から撮影。鑑評会の審査がどのように行われているのかをご覧いただけます。

出品総数は昨年の気仙沼大会の194点を超える201点。内訳は大粒・中粒部門が67点。小粒・極小粒部門が70点。アメリカ大豆部門が26点。ひきわり部門が38点でした。

評価基準は「納豆の外観」「香り」「味・食感」の3項目。それぞれの項目で5点を満点とした整数で点数をつけ、合計点数の上位から受賞納豆が決定します。

取材:納豆文化村/映像:天堂ストラテジー

《 第22回全国納豆鑑評会 審査風景 》

0:05〜午前8じ30分。審査員入場。
0:30〜審査の様子(俯瞰撮影)
0:57〜大粒・中粒部門。
1:10〜審査する納豆は審査員から見て右が表面、左が裏面。
1:20〜審査の様子(俯瞰撮影)
1:49〜審査員の審査風景。(外観、ねばり、香り、糸引き、食感等)
2:23〜審査終了。
2:31〜審査終了後の審査員寸評(寸評は別途動画)
2:43〜受賞者インタビュー(インタビューは別途動画)


※第22回全国納豆鑑評会の関連レポート。

京都大会ダイジェスト 鑑評会審査風景
審査員コメント 受賞者インタビュー
受賞者インタビュー小杉食品 受賞者インタビュー菅谷食品
受賞者インタビュー保谷納豆 第22回受賞納豆20点
前夜祭・イベント
情勢分析と受賞納豆傾向



Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved