−納豆は、食を彩る 主人公−


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆











文化村動画館 メニューへ戻る

html embed video by exptvideo.com v2.8

《菅谷食品さん、日本一インタビュー》

契約栽培大豆 東京都青梅市の菅谷食品さんは、2015年2月28日(土)に水戸市で行われた第20回全国納豆鑑評会で、見事日本一である農林水産大臣賞を受賞されました。

第10回大会の受賞以来10年目で3回目の受賞となる菅谷食品さんへ、八木沢彩加と八木沢碧依の2人で、喜びのインタビューにお伺いしました。

3月3日(火)午前10時に菅谷食品さんに到着した時は、あられが時折舞う肌寒い日でした。でも菅谷食品さんの事務所はきっと、日本一の喜びに溢れていて、あったかいんでしょうね!♪

日本一インタビューは、まず当日、水戸の納豆鑑評会会場にいらっしゃった加藤営業部長さんにお願いしました。続いて工場長の関本さん、最後に高橋社長さんに総まとめとして締めていただこうと言う事で進めさせていただきました。

菅谷食品さんは創業以来68年目ということですが、「常にお客様に美味しい納豆を届けようという思いで納豆を作り、いかに感動を感じていただける納豆で皆様に美味しく召し上がっていただけるかが基本だと思います。」というお話が、とても印象的で素晴らしいと思いました。

この、お客様に感動を与える納豆を作りつづけるという明確な思いこそが、日本一の栄誉をもたらしてくれたのでしょう。 これからも美味しい納豆を作り続けてください。
農林水産大臣賞受賞、本当におめでとうございました!

インタビュアー/納豆文化村:八木沢碧依

納豆文化村/八木沢碧依 《 ムービーの内容 》

0:00〜菅谷食品さんに着きました。
0:26〜営業部長の加藤大介さん。鑑評会集計係のお話。
1:02〜日本一になられて反響はいかがですか?
1:58〜工場長の関本政英さん。驚いています。皆様に感謝です。
2:32〜つるの子納豆の大豆は?
2:57〜つるの子納豆の特徴は?
3:47〜代表取締役の高橋武男さん。関係者の皆様にお礼を申し上げます。
4:41〜創業以来の美味しい納豆作りについて。