−納豆は、食を彩る 主人公−


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆











文化村写真館 メニューへ戻る



2014豆腐&大豆食品フェア
(広がれ!大豆のチカラ、豆腐の魅力!)

2014-11-23(日)・24(mon)
東京ビッグサイト 西4ホール

2014豆腐&大豆食品フェアが11月23日(日)と24日(月・祝)に、東京都江東区有明の東京ビッグサイト、西展示場・西4ホールで開催されました。

この豆腐&大豆食品フェアの目的は「日本人の貴重なタンパク源である大豆の価値を広く発信し、大豆食品の消費拡大につなげ、大豆食品業界及び関連業界の発展に貢献すること(公式サイトより)」で、豆腐、豆乳、納豆、味噌、醤油などの関連業界から多数の展示や販売が行われました。

納豆組合さんは納豆の詰め合わせセットの即売会を行い、多くの人で活気に溢れました。またイベントブースでは、恒例の「世界納豆のびのび選手権」と「世界納豆まぜまぜ選手権」を2日間で3回楽しく元気よく開催し、会場から拍手喝采を浴びていました。

今回2日間行われた豆腐&大豆食品フェアの来場者数は、なんと23、408人(公式発表)とすごい盛り上がりです!これからも、もっと多くの方々に大豆の素晴らしさを知ってもらい、納豆をはじめとする大豆食品が、毎日の食生活に当たり前に入っているようにしたいですね。

下の写真は納豆組合さんの販売ブースです。

(納豆文化村:八木沢彩加、折原繭子)

納豆組合さんの販売ブース