−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










まぐろとアボカドのとろろ納豆
まぐろとアボカドのとろろ納豆☆使う納豆・・・川口納豆/川口商店
☆RECIPE・・・納豆文化村/藤枝菜生
☆CHEF・・・納豆文化村/藤枝菜生

今回菜生が挑戦するのは、まぐろとアボカドのとろろ納豆。菜生はまぐろもアボカドも大好きな食材です。さらに川口納豆という受賞納豆と一緒だなんて夢の競演☆ 川口納豆は香りがとてもよくて噛み応えのしっかりとしたコクの深い正統的なおいしい納豆です。今回はご飯の上に乗せて丼モノにするので、食いしん坊さんも大満足!な一品になるはず。



用意するもの
納豆●小粒納豆
川口納豆さんの受賞納豆、小粒の「川口納豆」を使います。
アボカド●まぐろ/アボカド
今回の主役、まぐろとアボカド。アボカドは贅沢に一個まるまる使います。
万能ネギ●長芋/万能ネギ
長芋はおろしてとろろに、ネギは最後にふりかけます。
うずらの卵●うずらの卵
うずらの卵って可愛いですね。
万能ねぎ●きざみ海苔/わさび
やっぱりまぐろにはわさびが無くちゃ!

ご飯●ご飯/醤油
ごはんは近くのスーパーで買った、既に炊いてあるものを使いました。


まぐろとアボカドを切りました。 長芋は鬼おろしでおろします。
アボカドは、皮をむいて、うすく身を削ぐように切り、まぐろは5ミリくらいの厚さで切っていきます。緑と赤のコントラストが鮮やかです☆
鬼おろしでおろすときは、ギザギザ部分で手をこすらないように注意しようね。鬼おろしでおろすと、ザックリした食感になるので菜生はとても大好きです。


作り方
(1)まぐろとアボカドを切ります。万能ねぎは小口切りにします。
(2)長いもを鬼おろしでおろします。
(3)ご飯にまぐろとアボカドを乗せたあと、鬼おろしでおろした長いもを全体にかけます。
(4)真ん中にうずらの卵をのせます。
(5)刻み海苔とねぎを散らし、わさび醤油をかけます。

盛り付けていきます。 完成しました。
ごはんをよそったらアボカド、まぐろの順番にのせていきます。うずらの卵を割る時は緊張したけど、なんとか黄身を割らずに上手く乗せることができました〜。
仕上げに万能ネギを振りかけたら完成です♪ みんなも早く食べたそう。


出来上がり〜!!
まぐろとアボカドのとろろ納豆見て下さ〜い!お椀から溢れんばかりのとっても贅沢なまぐろとアボカドのとろろ納豆が完成しました☆ とろろと納豆でアボカドが見えなくなってしまいましたが、食べ進めるとアボカドとまぐろととろろの贅沢な取り合わせが、リッチで奥深い味わいを醸し出しています♪ わさび醤油がいいアクセントになっていて、深い味わいをじっくり楽しみたい一品になりました。

【菜生感想】・・・マグロとアボカドをふんだんに使った見た目もゴージャスでおしゃれなメニューに仕上がりました。長芋のとろろが、まぐろとアボカドと納豆との相性をさらにうまく取りまとめてくれて、とっても食べやすい一品!川口納豆の本来の納豆としての旨味がしっかりと活かされていることにも驚かされました。まぐろとアボカドとろろとという相性のいい贅沢な組み合わせは、やはり本格的なおいしい納豆と食べ合わせることで、納豆を引き立て、よりおいしさが際立たせますね。

何層にもなっているので、それぞれの味をしっかり楽しめます。うずらの卵を混ぜ込むとさらに甘さが加わりますよ♪ 贅沢で質のよい味の競演をゆったりと楽しみたいお昼にぴったりです。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved