−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆と馬刺し
冴瑛使う納豆・・・山葵(マルキン食品/熊本県)
RECIPE・・・マルキン食品/永木さん
CHEF・・・納豆文化村/伊藤冴瑛

平成15年度、第9回全国納豆鑑評会において、「最優秀賞受賞(最優秀賞)」を受賞した山葵。マルキン食品さんは平成14年度にも「農林水産大臣賞」を受賞しており、2年連続日本一と言う快挙を成し遂げられました。平成10年度に「農林水産大臣賞」、平成11年度は「全納連会長賞」を受賞されている素晴らしい納豆メーカーさんです。日本一の山葵とマルキン食品さんから送られてきた本場の馬刺しとの組み合わせのレシピに冴瑛はワクワクしています。

日本一の山葵と熊本の名物ともいえる馬刺しを合わせておいしい料理を作ります。桜肉とも言われる馬刺しはキレイなキレイなピンク色。新鮮そのものです。う〜ん♪楽しみ!




用意するもの
納豆●納豆1パック
山葵をたたいて使用します。
馬刺し●馬刺し
ヤング、ふたえご、特上もも
のいずれかを使用。
ネギ●刻みネギ 適量
万能ネギを
小口切りにします。

卵黄●卵黄 1個
黄身と白身を
上手に分けてね。




さて冴瑛が料理に挑戦
新鮮な馬刺しはツヤツヤ鮮やかでキレイだね!馬刺しはけっこう弾力があったので、これ粘りでるのかなぁって心配したけど、数分でトロ〜リになりました。納豆の粘りととってもよく合います。



作り方
・馬刺しをこま切れにして、そのあと包丁で粘りが出るまで叩く。
・納豆をパックから取り出し細かく叩く。
・馬刺しと納豆を軽く混ぜる。盛り付けるとき真中にくぼみを作り、卵黄を乗せる。
・上から刻みネギを散らす。お好みで醤油やタレでいただく。
・完成写真には丸のままの納豆をちょっと添えていますよ。



出来上がり〜!!
納豆と馬刺し馬刺しの赤色とネギの緑、卵黄の黄色が合わさって食欲がそそられる一品の完成。
口のなかでトロリと広がる納豆と馬刺し、卵黄の甘味が絶妙です。

【冴瑛のひとこと】・・・簡単にできる美味しい料理です。おつまみにピッタリです。今回の卵黄はニワトリの卵を使用。ウズラでも何でもOKだよ。ダチョウも!?納豆も馬刺しも素材そのものの味が生かされる料理です。新鮮でおいしいものを使ってね。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved