−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆もち巻き
納豆の料理名☆使う納豆・・・古今納豆(村田商店)
☆RECIPE・・・納豆文化村/倉本詩穏
☆CHEF・・・納豆文化村/倉本詩穏

お正月といえばやっぱりお餅ですよね☆お餅はどんなバリエーションにも合っちゃう万能食材です!そんなお餅を今回は巻き物にしたいと思います。食感を楽しめるたくあんも一緒に巻くので、色も良し、歯応えも良しです! お正月料理にプラスもう一品してはいかがですか?(^v^)食べやすいので小さいお子さんからお年寄りの方まで喜んでくれると思いますよ♪今回使う村田商店さんの古今納豆は、全国納豆鑑評会で受賞暦のある伝統製法にこだわった本格派で、強い糸引きが特徴です!たくあんやお餅と一緒にするのが申し訳ない感じですが、でも期待感はとても大きいです。愛情込めて詩穏が作ります♪



用意するもの
納豆●納豆
村田商店さんの古今納豆を使用します。
お餅●もち
お湯で簡単にやわらかく戻せるお餅です。
たくあん●海苔/たくあん
たくあんはみじん切りにします。

お醤油●わさび/醤油
お好みで。ポン酢でもいいかもしれませんね。


納豆料理の作り方の写真 納豆料理の作り方の写真
たくあんは鮮やかな黄色もキレイだし、カリカリ食感もあってベスト脇役賞って感じですね(笑)納豆とたくあんを中に巻くだけなので、とっても簡単にオシャレな一品が作れちゃいます♪+゜


作り方
(1)薄いお餅をお湯で、柔らかくなるまで戻します。
(2)納豆とみじんぎりのたくあんを混ぜます。
(3)韓国のりの上にお餅を広げて、その上に(3)を乗せて巻きます。
(4)醤油をつけていただきま〜す♪
とろけるチーズなどを一緒に巻いてもいいかもね!
ぐるぐる巻きます 完成☆
納豆を乗せ過ぎたら横からいっぱいはみ出てきちゃうので、真ん中にちょこっと乗っけましょう♪飾り楊枝で2〜3本まとめれば完成です。


出来上がり〜!!
納豆料理の完成の写真お正月にピッタリな納豆もち巻きの完成です〜!お正月はあんこ餅やきなこ餅に代わって、納豆もち巻きをオススメします!お餅に飽きがこなくていいですよ。大根おろしなどを合わせてもさっぱりとした味を楽しめそうですね☆お餅を戻す時に、ふにゃふにゃに戻しすぎず、かと言って硬さを残さないように、お餅さんのご機嫌をうかがいながら、ですね!

【詩穏感想】・・・カリもっちり! おいしぃ〜♪ これ絶対お吸い物とかにも合いますよ。のんびり、テレビでお正月番組でも見ながらこの納豆もち巻きを食べるのもありですね。詩穏はわさび醤油につけて食べることをオススメします☆納豆とたくあんとのりだけ、このシンプルな組み合わせが、納豆の旨さを引き出しているんです。今回は韓国のりを使いましたが、味付け海苔などに変えても、また違った風味で味わいが増すと思います!ちょっと小腹が空いたときなんかにもチャチャッと作れます。ぜひみなさん、詩穏の納豆もち巻き、お試しあれ〜♪

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved