−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆ロールパン
納豆ロールパン☆使う納豆・・・大粒納豆 安曇野/村田商店(長野県)
☆RECIPE・・・納豆文化村/倉本詩穏
☆CHEF・・・納豆文化村/倉本詩穏

今回詩穏が挑戦するのは、納豆ロールパン。納豆とロールパンの組み合わせって、聞いたこともないし、ちょっと想像しづらいレシピだけど、どんな料理になるんだろう?食材もいたってシンプルで、納豆と食パンと調味料、薬味のみ。これは納豆そのものの味が重要になりそうですね♪ 村田商店さんは全国納豆鑑評会で受賞されている本格こだわりメーカーさん。その村田商店さんの代表的な納豆「安曇野」は、長野県産のナカセンナリという大豆を使っています。経木で丁寧に包まれていて、しっかりした噛み応えのなかに美味しさが光る、上品な味と香りの納豆です。 安曇野がどのようにロールパンになっていくのか、超楽しみです。では、早速調理スタートです☆



用意するもの
    
安曇野●大粒納豆
村田商店さんの安曇野を使います。経木仕立ての上品な納豆です。
食パン●食パン
4斤が繋がっている、やわらかい食パンです。
味噌●味噌/砂糖
こだわりの、黒味噌。甘くて濃厚な味です。
黒いりごま●黒いりごま
黒いりごまはお好みで振り掛けます。
シリアル●シリアル
ドライストロベリーが入った香りの良いシリアルを使います。
レタス●レタス
新鮮でシャキシャキのレタスです。

納豆をすり鉢にうつします。 糸引きがいいですねー!
安曇野を経木からはがした瞬間、納豆の香りがふんわり漂ってきました〜♪ それにしても、擂り鉢で納豆とクラッカーを擂り潰すのは初めての経験!ねばりが強いので、ついつい楽しんじゃいました〜。


作り方
(1)シリアルを擂り鉢で細かく擂ります。
(2)味噌、砂糖、納豆を擂り鉢で混ぜ合わせます。(1)とごまをお好みで加え混ぜます。
(3)食パンを縦切りにし、耳を切り落とします。
(4)食パンに(2)をぬって、ロール状に巻き、飾り楊枝でまとめます。

巻く準備ができました。 きれいにできました。
具を食パンに塗る時は写真のように端にスペースをあけると、巻いた時に具がはみ出ません。パンを巻くときのコツは、キュッキュッときつく巻くことで、切った時に崩れにくくなりますよ!


出来上がり〜!!
納豆ロールパンやったー出来ましたぁ!さっすが、納豆も料理も大好きな詩穏です(笑) きれいな出来上がりですね。ロールケーキみたい。飾り楊枝の赤がポイント! でも一番のポイントは何と言っても、安曇野の良さが生きていることです。レタスのシャキシャキ感とシリアルの歯応えが、こんなにも納豆と合うなんて、感動です。 簡単に作れるので、お夜食にももってこいですね。大粒納豆の醍醐味がしっかり味わえる、楽しいレシピです。

【詩穏感想】・・・食パンを縦に切り、ぐるぐる巻いていくのはアイディア賞(笑)! 食材や調味料にこだわると、レシピがどんどん広がっていきそうですね! シリアルにストロベリーが入っているので、デザート感覚で食べられます。調味料の味が濃くても、安曇野の大粒納豆の旨味のある味をしっかりと感じることができました。見た目も食感も味も言うことなしです! 詩穏、大満足の一品!

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved