−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆ばくだん丼
雪誉☆使う納豆・・・雪誉(オーサト/茨城県)
☆RECIPE・・・オーサト/織間正人さん
☆CHEF・・・納豆文化村/大佐和留美

今日は留美は「納豆ばくだん丼」を作ります。なかなかインパクトのある名前の納豆料理ですね! 使う納豆はオーサトさんの看板「雪誉」。2008年の全国納豆鑑評会で「納親会会長賞」を受賞した納豆ですが、実は驚くなかれこの「雪誉」は2年連続受賞している納豆なんです。2007年の山形大会でも「納親会会長賞」を受賞され、全く同じ納豆での2年連続を成し遂げられました。同じ納豆で2年連続は至難の技ですよね。今日この素晴らしい納豆が「ばくだん」になってしまうのです!! 皆さん、期待大・大・大ですよ!○



用意するもの
雪誉●納豆
雪誉を包丁でたたいて細かくします。
たくあん●たくあん
同じく細かく刻みます。
オクラ●オクラ
輪切りにします

長いも●長いも
直前にすります

ねぎとろ●ねぎとろ
写真はマグロです。これからネギを混ぜます。

うずらの卵●うずらの卵
使うのは1個です。


【写真左】2年連続の受賞納豆ですよ!なんかちょっと緊張します。
【写真右】オクラを切ります。ネバネバ仲間だから相性はいいはず。


作り方
(1)納豆とたくあんを細かく切ります
(2)おくら長いもねぎとろと(1)を盛り付けます
(3)その上にうずらの卵を割ります
(4)最後に海苔を散らして完成!
醤油をかけて混ぜてたべてくださいね(^0^)
【写真左】長いもを摩りおろします。☆
【写真右】順番に盛り付けて出来上がりぃ〜!


さあ、完成です!
出来ましたぁ!見た目もきれいな納豆ばくだん丼。納豆料理にはこんなガラスの洋食器も似合いますね。やはりねぎとろと納豆は完璧に合います。それにたくあんのなかなかインパクトのあるいい食感と味をプラスして、納豆とマグロとたくあんの見事な三重奏になっています。たくあんのインパクトが「ばくだん」なのかな。たくあん無しだと、ねぎとろ納豆で、それだけでもそつのない料理ですが、やはりたくあん入りのカリカリ食感は、このばくだん丼ならではのもの。

【留美のひとこと】・・・2年連続のこだわり納豆が、たくあんの個性ある強さに負けないかなとちょっと心配でしたが、なかなかどうして、しっかりと雪誉の主張がありました。ねぎとろの美味しさと、たくあんのカリカリ味をやんわりと抑えながら、納豆そのものの大豆の旨みをゆったりと感じさせてくれていました。とっても簡単な料理なのにそれぞれの味を楽しめる秀逸のレシピだと思います。皆さんもぜひ美味しい納豆で作ってみてね。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved