−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










ブルーチーズ納豆
ブルーチーズ納豆を作ります♪☆使う納豆・・・小粒納豆
☆RECIPE・・・納豆文化村/円城寺桜子
☆CHEF・・・納豆文化村/円城寺桜子

今回桜子が挑戦するのは、ブルーチーズを使った超簡単レシピ♪ 和の食材納豆が見事にヨーロッパ風に大変身する、見た目も味もオシャレなレシピだよ。簡単でお洒落だけど、中身はすごい! 納豆が主役にも脇役にもなることがよくわかりました♪ それぞれ主張のある食材だけど、納豆が見事にそれらをまとめている、とっても素敵なレシピですよ♪



用意するもの
納豆●納豆
歯ごたえのいい小粒の納豆がありました。
ホルヒェン●ホルヒェン
ドイツで典型的なお食事パン。角パンとも言いますよね。
アーラフーズのダナブルー●アーラフーズのダナブルー
デンマーク産の塩味のピリッと効いたブルーチーズ。

マイユの種入りマスタード●マイユの種入りマスタード
大きな粒のマイユの種入りマスタード。


ホルヒェン牛 納豆をホルヒェンにのせてま〜す♪
やはりホルヒェンを使うとなると、まずはウシ君にならなくてはね! こんな感じで(笑)
ほわ〜んとパンの香りがとってもいいんです。 スライスしたホルヒェンにフランス生まれのマイユの種入りマスタードを塗ってと。 んー、なんだかとってもうきうきワクワクしてきましたよ!


作り方
(1)ホルヒェンを半分に切って耳の横に立てて、まずウシ君になります♪ これ、お約束!(笑)
(2)ウシ君になった後で、ホルヒェンを半分にスライスします。
(3)ホルヒェンの内側にマスタードをまんべんなく塗ります。
(4)そこにかき混ぜた小粒納豆をふわっとのせます。ベタッと乗せない!
(5)そしてその上にブルーチーズを美しく散りばめます。
(6)完成です♪ そのまま食べるもよし、上からパンを被せて食べるもよしです。
完成しました〜♪ 赤緑青の3ショット♪
こんな感じに可愛い納豆料理に仕上がりました。ちっちゃな角パンに少しの納豆を乗っけただけですがこれが結構ね、美味しいんですよ。種入りマスタードとダナブルーがかなり効いてますね♪ 詩穏ちゃんと柚香ちゃんと3人で試食タイムです。幸せなひと時♪


出来上がり〜!!
ブルーチーズ納豆完成〜♪とっても簡単レシピです。ホルヒェンにマスタードを塗って、納豆を乗せるだけ。簡単すぎと思われるでしょうが、これがなかなか侮れません。まず、ホルヒェンはかなりいい香りで、パンの正しい香りというか、食欲をそそられます。ちっちゃな角パンですが大好きになりました。そして、マイユの種入りマスタード。マイユはブルゴーニュ地方の有名な調味料メーカーだけあって、しっかりした深いコクがあります。 ソーセージなんかにぴったりのマスタードが、こんなにも納豆に合うなんて驚きです。そして、散りばめるのがあのダナブルー!

【桜子感想】・・・今回使ったような、小粒でやや硬めの納豆がベストでしょうね。マイユの種入りマスタードと、青カビチーズ独特の味わいを持つダナブルー。絶妙の組み合わせではないでしょうか。ダナブルーのきりっとピリっとしたシャープな味わいを、やや硬めの納豆がふんわりと包み込んで、マイユの種入りマスタードとともに見事なハーモニーを奏でます。フランスパンなどでもいいのでしょうが、やはりホルヒェンがお勧め。この料理はまずウシ君から始めてね♪(笑)

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved