−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆高菜丼
富士の青豆☆使う納豆・・・富士の青豆(せんだい/山梨県)
☆RECIPE・・・せんだい/伊藤英文さん
☆CHEF・・・納豆文化村/夏目柚香

柚香が挑戦する納豆料理はおつまみ系☆ご飯にかけても、そのままおつまみでもおっけい!今回料理する納豆は富士山の青大豆を使った大粒納豆の「富士の青豆」。大粒でとてもしっかりしていて、糸の引きがとても強くて濃い緑色が美しい納豆です。この納豆を作っている「せんだい」さんは全国納豆鑑評会で過去2回受賞されている、凄い納豆屋さんなのです。「富士の青豆」と高菜がどんなハーモニーを奏でてくれるのでしょうか♪柚香は和風派だから、納豆と高菜とお豆腐の組み合わせなんて最高!!!この3つが合わないわけないですよねぇ〜☆さっそく作ってみましょう(^O^)/



用意するもの
富士の青豆●納豆
「富士の青豆」
1パック
高菜漬け●高菜漬け
今回は切っていない物を使用
適量
豆腐●豆腐
2/1パック
やわらかいもの

ポン酢●ポン酢
大さじ2
調節しながら

鰹節●鰹節
適量
最後にかけます
 

富士の青豆 高菜を切ります
【写真左】これが「富士の青豆」です。パッケージからこだわりが伺えます。ずしっと重いですょ☆
【写真右】高菜を刻みまぁす。ザクザク良い音〜♪この後納豆をも刻みますょ。


作り方
(1)納豆と高菜を合わせて細かく切る
(2)(1)を豆腐と合わせて混ぜる
(3)醤油かポン酢で味をつける
(4)最後に鰹節をのせて完成!

豆腐を入れて混ぜます 高菜丼完成!
【写真左】納豆と高菜にお豆腐を混ぜていきます☆混ぜ混ぜ〜そろそろいいかな??
【写真右】最後に盛り付け*ちょこっとご飯に乗せて「高菜丼」の完成〜〜〜!!!


感想
高菜丼完成!思ったとおりこの組み合わせは最高でした(^o^)高菜の少し辛い味が豆腐によってうまくカバーされています。おつまみにするのであれば、お豆腐を少し減らして納豆と高菜でもいいですよね☆今回やったようにどんぶりにするのであれば、納豆、高菜、豆腐を1:1:1くらいにして、たーーーっぷりかけたらバッチリですよ♪
刻んで・混ぜて・味付けて・完成!なんて簡単なんでしょう☆お夜食にも食べてもさっぱりしているので、胃にも優しいですよね(^-^)

【柚香のひとこと】・・・お料理に使うのは本当はもったいないような「富士の青豆」を使わせていただきました。切って見ると豆の断面がとってもきれい☆ひく糸がしっかりしているから他の材料との絡みが最高ですね(^^)「富士の青豆」が高菜に全然負けていません。逆に高菜によって「富士の青豆」の美味しさがひきたっています。他の材料に負けない存在感♪さすが「富士の青豆」です!

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved