−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










とろろ豆腐納豆
とろろ豆腐納豆☆使う納豆・・・小粒納豆
☆RECIPE・・・納豆文化村/倉本詩穏
☆CHEF・・・納豆文化村/倉本詩穏

今回詩穏が挑戦するのは、とろろ豆腐納豆です。 聞いただけでも健康に良さそうな料理ですよね!作り方はすっごく簡単なんです。 大豆仲間ばかりなので、たんぱく質が豊富に摂取できちゃいます。 とろろ豆腐納豆はシンプルな料理に見えて、アレンジ次第では和風・洋風いろんなジャンルの料理にも合わせることができちゃう優れものなんです。 この1品で、一気に納豆料理のレパートリーが増えること間違いなしです!それではさっそく作りたいと思います。



用意するもの
納豆●納豆
冷蔵庫にあった遊作納豆を使いました。
豆腐●豆腐
木綿でも絹でもお好きなように。今回は舌触りの良い絹豆腐を使用。
信州松代産の長芋●長芋
信州松代産のドデカ本場もの長芋。

豆乳●豆乳
さっきスーパーで買ってきた新鮮な豆乳。

めんつゆ●めんつゆ
お醤油や納豆のタレなどお好みでね☆

マイユのマスタード●マイユのマスタード
フランスのブルゴーニュ地方の歴史あるマイユの種入りマスタード。


納豆料理の作り方の写真 信州松代産の長芋
食感を楽しみたいたら、お豆腐は潰し過ぎないのがコツです☆ 信州松代産の長芋は、詩穏が今まで見た長芋の中で1番ドテカです。ずっしりと重みがあるんです。 長芋はすりおろしてトロロにしようかなぁ〜、短冊切りかな、それとも焼いて食べようかなぁ〜(笑)


作り方
(1)豆腐を潰して、納豆を入れネバネバと混ぜ合わせます。
(2)その中に鬼おろしでおろした長芋を加え、ざっくりと混ぜます。
(3)最後に豆乳を加えてミックス♪
(4)味のアクセントに、醤油やマスタードを入れても美味しいかも。
(5)器に盛り、お好みできざみ海苔をちらして完成です。

長芋を卸し中 完成☆
長芋は食感をより楽しむために鬼おろしでざっくりとおろします。 豆乳を入れることで味が優しくなり、喉ごしもいい感じになるんですよ。今回は絹豆腐を使いましたが、木綿豆腐だとまた違ったしっかりした食感になるんでしょうね。 白いご飯の上にのっけて、とろろ豆腐納豆丼なんかも美味しそう。マグロなんかを乗せたら余計いいかも♪


出来上がり〜!!
納豆料理の完成の写真 朝食にぴったりのメニュー。納豆と長芋のネバネバで1日中元気! 納豆そのものの味を周りの材料が引き立てています。 今回は小粒納豆を使用していますが、詩穏は大粒納豆も好きなので、調味料なしで納豆そのものの味を堪能してみるのも良いかもしれませんね。 このレシピは胃にやさしい食べ物って感じですね。味付けは自分で好きなように工夫ができるので、 飽きずに毎日でも食べることができますね。味の変化を楽しんで自分だけのオリジナルの味を見つけるのも楽しいよ♪

【詩穏感想】・・・豆腐と豆乳と納豆は大豆仲間なので、相性はもちろんバッチリ! これにトロロが加わって、ネバネバ仲間で、相性バッチリ!鬼おろしでおろした長いもの食感が、料理の質をぐーんと引き上げてくれます。 味付けしない状態では、豆腐と豆乳とトロロが納豆を引き立ててくれて、納豆そのものの味をしっかり味わえます。今回は「遊作」を使いましたが、やや硬めに仕上がった本格的な納豆なので、何も加えないでそのままが一番おいしいですね。 納豆のたれを少し加えると、全体が引き締まってそれもまたいい感じ。 醤油味でもいいし、マスタードもありだし、好みの味付けを結構受け入れてくれそう。ポン酢もありかな♪ 詩穏はマスタードと納豆の組み合わせがお気に入り。詩穏は大きめのスプーンでたっぷりすくっていただきました(笑)とっても健康的なレシピですね。

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved