−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆ロールパン
納豆ロールパン☆使う納豆・・・納豆旨造(山下食品/愛知県)
☆RECIPE・・・納豆文化村/伊達真紀子
☆CHEF・・・納豆文化村/伊達真紀子

今回真紀子が挑戦するのは、私のキャラにぴったりな「納豆ロールパン」☆ 使う納豆がすごいんです。「煌」は第14回全国納豆鑑評会で農林水産省総合食料局長賞を受賞しているんです。エクス納豆の評価では「味が深くてまろやかで丸く、口の中で旨みが次第に際立ってくる」そうです。こんなすごい納豆を使って納豆ロールパンを作るのですが、納豆と相性がいい食材なので出来上がりが楽しみですね。



用意するもの


【 納豆 】
山下食品さんの納豆旨造を使いまーす。
【 食パン 】
巻いてロール状にするので、食パンの耳を切ります。

【 ポテトチップス 】
厚切りリッチを砕いちゃいます。意外な食感がプラスされますよ!
【 マヨネーズ 】
パンにはマヨですよね☆ とても合います☆

【 粒マスタード 】
これがポイント! 全体の味を引き締めてもくれますね。文化村お気に入りのマイユです。
 
 


パンの耳を切ります
パンの耳を切ります

マヨネーズ♪
マヨネーズ♪


納豆にマヨネーズ 粒マスタードを塗ります


作り方

(1)食パンの耳を切り落とします。
(2)マヨネーズと納豆と砕いたポテトチップスを混ぜる。
(3)粒マスタードを塗り、(2)を乗せる。
(4)(3)をロール状に巻く。
(5)3cm幅に切り、飾り楊枝で止めて出来上がり。

くるくる巻きます 出来ましたぁ♪

出来上がり〜!!
完成です。可愛いね!くるくるっと巻いた食パンに納豆が見えかくれして楽しい出来上がりになりました。想像通り、粒マスタードが効いていて、全体のまとまりがGOOD! 手軽にできるし楽しく仕上がってるし、ポテトチップスの意外な食感も加わって、おやつに最適です。仲間のパーティにはもってこいですね。
【真紀子感想】・・・食パンやポテチといった手軽に買えるもので新しい味を体験する事ができました。ポイントは粒マスタードです! ロール状にすることによってビジュアル的にも可愛く仕上がりました。「納豆旨造」の深いしっかりとした旨みが粒マスタードによって、より際立っていました。
Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved