−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










湯葉ハム巻き
山下食品さんの至福☆使う納豆・・・至福(山下食品)
☆RECIPE・・・納豆文化村/藤枝菜生
☆CHEF・・・納豆文化村/藤枝菜生

今日の料理は湯葉ハム巻き。湯葉はお正月にぴったりの食材ですよね。山下食品さんは、全国納豆鑑評会で過去2回受賞されています。その山下食品さんが「至福」と名付ける納豆だから、きっと至福なんだろうなぁ。その「至福」を湯葉、シソ、生ハムでぐるぐる巻いて、おしゃれなお正月料理を作ってみたいと思います。青じそドレッシングをつけて食べてもいいし、梅肉やわさびと一緒に「至福」を包んで、至福のひと時を楽しんでもいいよね♪笑



用意するもの
納豆●納豆
山下食品さんの「至福」を使います。
湯葉●湯葉
巻きやすい大きさに切ります。
シソ●シソ/生ハム
シソの香りがいいですよ。

生ハム●わさび/梅肉
青じそドレッシング
お好みの味付けで楽しんでね。


菜生は湯葉大好き! きっと至福が待ち構えてるよ♪
湯葉を贅沢に使いますよぉ!かなり多めの120グラムの納豆は丁寧に一粒残らず使います。今回は、一番外側は生ハムでくるみましたが、くるむ順番を変えたら、一気に雰囲気が変わっていろいろ楽しめますよ(^^)


作り方
(1)納豆を湯葉で春巻きくらいの大きさに巻きます。
(2)シソの葉で(1)をくるみます。
(3)そして生ハムで巻きます。
(4)わさびまたは梅肉をちょこんと乗せます。
青じそドレッシングをつけるとまた違った味が楽しめていいかも。

よく混ぜましょう。 虎くんも見守ってるし。
納豆は、よくかき混ぜて粘り気を出した方が巻きやすいですよ。今回使った飾り楊枝はお正月バージョン。お正月にピッタリです☆ 菜生は、納豆と梅肉の組み合わせがお気に入り!とってもよく合うんですよ♪ みなさんもいろいろ試してみてね。


出来上がり〜!!
湯葉ハム巻き完成です!和風料理のよさがわかる湯葉ハム巻きです。湯葉春巻きじゃないよ(笑) わさびや梅肉は調味料として秀逸です! 納豆と湯葉とのコラボに、いろんなバリエーションが楽しめます。シソの葉がよいアクセントになっていて、どんどんお箸の進んでしまう一品です。

【菜生感想】・・・納豆、湯葉、シソ、生ハム…とっても素敵なハム巻きになりそうな予感のとおり、それぞれの食材が、自己を主張しすぎない程度にそれぞれを引き立てていて、絶妙な仕上がりになりました! 巻き上がりが柔かいので、飾り楊枝で丁寧にまとめました。飾り楊枝に3つずつ刺すと、いくつ食べたか分かっていいよ(笑) 特に食べすぎ注意の人にはね!  うーん、おいしい! 食卓に、こんな可愛い湯葉ハム巻きが乗っていたら、注目されること間違いなしですよ☆ ぜひ、家族みんなで作って食べて、わいわい話して楽しくいただきましょう♪

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved