−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆










納豆ブルーチーズのせ〜フランス風
納豆ブルーチーズのせ〜フランス風〜☆使う納豆・・・小粒納豆
☆RECIPE・・・納豆文化村/夏目柚香
☆CHEF・・・納豆文化村/夏目柚香

今回柚香が挑戦するのは、ダナブルーというブルーチーズを使ったレシピです。ダナブルーは香りも味も強烈でかなり個性的。 はたして納豆料理に合うのかなぁと半信半疑で作ってみたところ、これがすごいんです。 フランスパンとの相性もバッチリで、ダナブルーがいいアクセントになっています。超簡単レシピなのに、お勧めです。



用意するもの
納豆●納豆
カップ納豆の「有機小粒納豆」を使います。
ブルーチーズ●ブルーチーズ
「ダナブルー」はデンマーク産で個性的。
フランスパン●フランスパン
フランスの伝統を大切に考えた バゲット トラディション。

マスタード●マスタード
マイユのマスタードは種入りマスタードの定番ですね。


フランスパン 納豆をうつします
表皮のクラストのしっかりさや、木の実のようないい香りは、フランス産小麦を長時間発酵させることで生まれるそう。 毎日食べたい飽きの来ない味わいのバゲットトラディションを使ってみました。 噛めば噛むほどに小麦の味わいがどんどん広がります。


作り方
(1)フランスパンを食べやすい大きさに切ります。
(2)パンにマスタードをお好みの量塗ります。
(3)よくかき混ぜた納豆をパンにやさしくのせます。
(4)薄くスライスしたブルーチーズをパラパラとのせて、完成でーす♪

できあがり みんなでパクッ
ナイフやフォークいらずで、手軽にパクパク食べられます。いくつ食べたのか分からないので、柚香はついつい食べ過ぎてしまいましたー(笑) いつの間にか、お腹パンパンだしー(笑) 食べることにかけては、納豆文化村で2位かも〜。えっ1位ってダレ?!(笑) みんなからメール来ちゃいそう(爆笑)


出来上がり〜!!
完成です フランスパンは、外がパリパリで中はしっとり。ナイフを入れると、パンのいい香りがふわっと広がります。ブルーチーズは独特の香りがありますが、この香りがいいんですよねー!納豆はよくかき混ぜて空気をふくませてネバネバを活かすと、パンにのせやすいです。

【柚香感想】・・・ 今回使ったブルーチーズ「ダナブルー」は、チーズ王国であるデンマーク産のもので、青カビチーズで有名なロックフォールを模して作られたそうです。独特の強い香りや味もしっかりしていますが、納豆ともとてもよくマッチしていて、旨味が口いっぱいに広がります。チーズと納豆の香りは、全体をまろやかな仕上がりに。最高です! 使用した納豆は「有機小粒」のカップ。まろやかで優しい香りと、歯ごたえのある食感で味わえる納豆の良さが、ピリッとしたダナブルーのアクセントにしっかりと生かされたレシピになりました。 和と洋の組み合わせで、コクのある新しい一品です。ワインによく合いそうですね♪

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved