−納豆は、食を彩る 主人公− >


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆














熱海へ出発 ●第11回全国納豆鑑評会前日(2006年2月16日)
静岡県熱海市マルタヤ食品さんにて
いよいよ明日は、待ちに待った納豆鑑評会。鑑評会前日にはどのようなことが行われているのかな。毎回、貴重な鑑評会裏舞台を取材させていただいていますが、今回は静岡県のマルタヤ食品さんにお邪魔することになりました。きっと様々な努力が重ねられて鑑評会の事前準備が滞りなく行なわれているハズ。そして夜には前夜祭が行なわれるそうです。鑑評会イブですね。きっと大盛り上がりだね。
東京から熱海まで車で向かうよ。朝小雨交じりの朝、コンビニで旅のお菓子をゲット。だって女の子だもん♪ウキウキ遠足気分で元気いっぱい!仕事頑張るぞー!行ってきまーす。
納豆文化村/伊藤冴瑛

冴瑛
全国納豆鑑評会ってどんなものなんだろう?初めての参加でドキドキ。全国の納豆が集まるってスゴイことだよね?納豆だらけになっちゃうよね?前夜祭もあるっていうけど競い合う人たちでしょ?ピリピリムードじゃないのかな?疑問をたくさん抱えたまま出発しました。まずは東京でみんなで集合!寝坊や遅刻が多い文化村スタッフですが、今日こそはみんな気合いを入れたのか無事に時間通り到着。みんなやれば出来るんです☆

香織ちゃん麻悠ちゃん
海老名SAにて

大きな冷蔵庫
冷蔵庫での作業

たくさんの納豆
たくさんの納豆

作業風景
作業風景

納豆のチェック
納豆のチェック

作業風景2
作業風景2

作業風景3
作業風景3

坂井さんと4ショット
マルタヤ食品さんに到着しました。坂井社長の右が藤本香織ちゃん、石坂麻悠ちゃん、左が伊藤冴瑛です。

冴瑛:さすが全国の注目が集まる納豆鑑評会!すごい数の納豆ですね。今年は何種類の納豆が集まってきているんですか?

坂井さん:今年出品されたのは大粒納豆56種類、小粒納豆66種類の計122種類。全国各地から自慢の納豆が勢ぞろいだよ。2月15日までにマルタヤ食品の納豆工場に送られてきました。やはり味が悪くならないよう、15日に届くものがほとんどだったよ。もちろん冷蔵便でお届けです。届いたものは工場の大きな冷蔵庫で保存してたよ。

冴瑛:マルタヤ食品さんは短期間の内に続々と商品が到着し、相当お忙しかったでしょうね。そうだ、静岡県の納豆組合について教えてください。

坂井さん:静岡には11社納豆を扱っている工場があるんだ。納豆組合は再編されて今は組合員6名で構成されているよ。

冴瑛:いつごろ再構成されたんですか?

坂井さん:去年の10月だよ。それまでは全員参加だったんだけどね。

冴瑛:どうして再構成することになったんですか?

坂井さん:やめる業者も出てきたし、全員が参加することが出来なくなってきたんだよ。再編することで納豆組合の活性化につながるし、協力体制もガッチリかためることができるんだよ。

冴瑛:なるほど〜さらにおいしくていい納豆をみんなに届けることができるようになったんですね。

取材中です
坂井さんにインタビュー

冴瑛:これから何の作業が行なわれるんですか?

坂井さん:今から暗番付けという作業をしていくよ。商品が分からないようにパッケージをはがして番号を付けていきます。わたしはこの作業には関われないんだよ。青年同友会のみんなが進めてくれます。

冴瑛:冗談を言い合っていた青年同友会の方たちが急に真剣な顔つきになってとても手際よく作業が進められているよ。ギャップにビックリでしたが(^^)さすが!と感心です。
作業が順調に進んで休憩になったみたい。ちょっと話を聞いてみましょ!みなさん作業早いですね、慣れたものですね。


南都さん:あたりまえでしょ〜?数回目にもなると要領よくなるよ。前には前夜祭までバタバタして前夜祭途中参加なんてこともあったんだけど。この調子じゃあ、今までよりも早く終わりそうだなあ。あ、いつも納豆文化村見てるよ!

冴瑛:ありがとうございます。明るい方たちばかりなので楽しい前夜祭や鑑評会になりそうですね。楽しみ♪厳正な審査のために準備も手間がかかるんですね。寒い部屋で作業するんですね。

菊池さん:これも納豆の品質を落とさないようにするため。審査する納豆だけにとても気をつかっているんだよ。今年は熱海だし前夜祭が始まる6時半まで温泉に入ってゆっくりする時間もあるといいんだけど〜♪

冴瑛:坂井さんからお茶やコーヒーの差し入れをいただきました。みんなで記念撮影もしました。あと作業も半分。頑張りましょ!

みんなで集合写真
作業の合間にみんなで集合写真を撮りました。

冴瑛:さまざまな準備が必要だったと思うんですが、鑑評会が開かれるまでどのような流れで進んできたんですか?

坂井さん:静岡県で開催されることはずいぶん前から決定していたんだ。でも静岡県のどこで行われるべきか悩んでね。納豆文化圏の端といわれる静岡。各地から来ていただきやすいように新幹線がとまる場所がいいのでは、静岡県の納豆組合員は東部に集中している。温泉で身体も心も癒してゆっくり楽しんでほしいという思いから熱海で開催しようということになったんだよ。

冴瑛:なるほど〜温泉地だから観光も楽しみにして来れますね。私もですが。

坂井さん:ただ旅館なのでシングルの部屋がないということがみんな困ったかも。イビキがうるさい人と一緒だったりすると眠れないだろうしね。

冴瑛:そうですよね、歯ぎしりや寝言もありますしね(笑)うーん、私も迷惑かけるかも(´`;)

坂井さん:それから去年12月に大会実行委員長の野呂さんや静岡の組合員が熱海に集合して会合が行われたよ。 そして野呂さんと鑑評会会場の手続き。いろいろな旅館を調べて検討した結果、ホテル大野屋さんで開催することになったんだ。野呂さんがいろいろ取り仕切ってくれたおかげで順調に進み、助かったよ〜。

冴瑛:お互い協力し合ってるんですね。その他大変だったことは?

坂井さん:納豆組合員の方々が、泊まるのか、食事はどうするかなどのまとめ役が大変だったかな。なかなか連絡が来なかったり、返事がなかったり。納豆工場は今は息子に任せていて、自分は昼間は営業に出ているから夕方から夜にかけてしか準備時間が取れないし・・・。 今年になって1月の始めに静岡から選出された審査員8名が決定。 連合会から12名審査員が選出されて合計20名で審査が行われることになったんだ。

冴瑛:納豆組合とのこまめな連絡のやり取りが必要で、連携体制が求められているんですね。その後は?

坂井さん:新聞社やテレビ局などのマスコミへのアプローチをしていったよ。地元でも盛り上げていきたいから地元テレビ局や地元ケーブルテレビ局などにも連絡して来てもらうようにしたしね。

冴瑛:マスコミも重要な宣伝材料ですよね。いよいよ明日本番となって忙しそうですね。

坂井さん:そうだね、でも今日の前夜祭の方が大変だったりして(笑)明日の朝は、今日暗番付けした納豆やお土産用の納豆を会場まで運びます。それから会場に並べていくよ。

冴瑛:そうなんですか!今日は坂井さんは旅館に泊まらないんですか、かなり朝早いのでは?

坂井さん:泊まらずに深夜帰って来るだろうね〜朝は7時前には納豆を運び込まなくちゃ。納豆屋は朝早いのは慣れっこだよ。普段も1日平均4時間睡眠ぐらいだから平気だよ。・・・多分。

冴瑛:ひぇー。でもみんな楽しみにしている鑑評会ですもんね。最後に明日に向けての意気込みを聞かせていただきますか?

坂井さん:地方を引き立てるために連合会がやってくれている鑑評会で、熱海を選んでくれたのでみなさんの期待に応えたいと思っています。おいしい納豆をみんなに広めていくいい機会だと思うし。納豆の品質レベル向上のためにも開かれる大会だから私も楽しみです。頑張りましょう。

冴瑛:私も大変期待しています。また明日よろしくお願いします。

● さあこれから前夜祭です。まずは明日の会場の下見から。長テーブルに白い布がかけられて、あとは納豆が並べられるのを待つだけです。
香織・麻悠・冴瑛3ショット
準備万端の会場は明日の本番を待つばかりです。

冴瑛:フォーマルな格好に着替えて気合い入れ。でも温泉旅館だからほとんどの方はお風呂上がりで浴衣です。

香織・麻悠・冴瑛:あれれ?もしかして私たち浮いてる!?でもスーツを着ると私たちも出来るOLみたいでしょ(^〜^)

冴瑛:南都さんの司会で始まりました。約2時間の鑑評会前夜祭。みなさん明日は頑張りましょう、乾杯!広い和室で豪華な料理が並びます。おいしいねー次々出てくるから調子に乗って食べてたら・・・

香織・麻悠・冴瑛:うーん、食べ過ぎで苦しい・・・

冴瑛:いつも和気藹々の皆様なのに、お酒が入って余計に楽しい雰囲気。みんなご機嫌で笑顔だし。よし、名刺交換に行こう!

香織・麻悠・冴瑛:私たち納豆大好きです。ぜひよろしくお願いします。スタッフ名刺の最新バージョンQRコード入りの名刺もなかなか好評。ほとんどの方が浴衣で超リラックスでした。


冴瑛:青年同友会、事務局の方々、会長や先生のあいさつなどもありました。最後は納親会会長の鈴木さんの三本締めでお開き☆

青年同友会のみなさんのあいさつ
青年同友会のみなさんのあいさつ

冴瑛:なんとなんと前夜祭の後、元気な方たちは二次会、三次会まであったそうです。みなさんタフなんですね!文化村スタッフも2次会の最初だけ仲間に入れてもらったよ。

香織・麻悠・冴瑛:みんな普段と違う表情を見せてておもしろーい(^皿^)

冴瑛:普段見られない顔だよね。激写しちゃおう!激写名人の麻悠ちゃん頼んだよ。

前夜祭二次会
香織・麻悠・冴瑛:ムフフフ・・・これはスクープだね。楽しそうな写真がたくさん撮れたね。わーい。

冴瑛:納豆組合の方たちとさらに仲良くなれたかも。楽しそうで何より♪

冴瑛
全国納豆鑑評会ってどんなものなんだろう?初めての参加でドキドキ。全国の納豆が集まるってスゴイことだよね?納豆だらけになっちゃうよね?前夜祭もあるっていうけど競い合う人たちでしょ?ピリピリムードじゃないのかな?疑問をたくさん抱えたまま出発しました。まずは東京でみんなで集合!寝坊や遅刻が多い文化村スタッフですが、今日こそはみんな気合いを入れたのか無事に時間通り到着。みんなやれば出来るんです☆

野呂さんあいさつ
野呂さんあいさつ

相沢さんあいさつ
相沢さんあいさつ

宴会風景1
宴会風景1

宴会風景2
宴会風景2

宴会風景3
宴会風景3

永山先生と ●年に一度の鑑評会にむけて準備は前々から進められてきていたんですね。明日はいよいよ本番!どのメーカーのなんと言う納豆が日本一になるのか楽しみですね。この鑑評会のために準備をして支えている方々がたくさんいらっしゃってスゴイと思いました。こんな大きな大会の準備は大変だったでしょうね。でも青年同友会委員のみなさまの真剣さがすごく伝わってきて私も胸が熱くなりました。鑑評会大成功間違いナシと思いました。

夕方から行われた前夜祭では、みなさん実感が湧いてくると同時に仲間意識も高まっってきたようです。みんなピリピリしているのではないかと想像していたのですが、とっても和やかムード。私たち文化村スタッフもあたたかく迎えてくれて大変嬉しかったです。

文化村スタッフは、熱海温泉を楽しんだ後、みんな明日の鑑評会を楽しみにして、夢の中で納豆をかき混ぜながら眠りにつきました(∪v∪)zzz zzz zzz ・・

冴瑛
明日は朝6時半集合。早いぞぉ(>_<)!気合いだ気合いだー!でもでも熱海といえば温泉だよね。町のあちこちから白い湯煙あがってたし!ってことは入らなきゃ!行っこお。やっぱりお風呂は気持ちいいねぇ。癒される♪
明日の朝は何時に起きる?準備もあるし朝ご飯も食べなきゃだし・・・5時半かな。みんな携帯の目覚ましをセットだー。3つ鳴るから誰かは起きるよね?ってみんな他人任せ♪起きたら起こしてね、よろちく〜おやすみなさーい★
香織・麻悠・冴瑛トリオは明日も納豆組合のみなさんに負けないように頑張っちゃいますよ。
納豆文化村/伊藤冴瑛

Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved