−納豆は、食を彩る 主人公−


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆











文化村写真館 メニューへ戻る



2014-01-15
北海道納豆工業組合さんでの講演

PCの環境整備と売れない時代の営業戦略
(インターネット時代の消費者心理)

納豆文化村を運営管理している、株式会社天堂ストラテジーの久田社長が、2014年1月15日(水)に札幌市で、北海道納豆工業組合さん主催、北海道おいしい納豆を作る会さん共催による講演を行いました。

前半はウインドウズXPが2014年4月にサポートが切れる為、考えられる問題点や対応策について。後半は、売れない時代と言われている現在、どのような営業戦略が望ましいか、インターネット時代になってからの消費者心理変化を組み込んでのお話でした。

優季は札幌講演用のパワーポイント制作等のお手伝いをしたので概略をまとめる担当になりました。講演用のパワポ72枚中38枚を抜粋して簡単にまとめました。

※画像右下の数字(X/72)は、今回のパワポ72枚中、X番目のスライドという意味です。

XPの説明の中で、デュアルディスプレイの写真がありますが、
わかりやすい動画は → こちら
(納豆文化村:新垣優季)

講演の様子/2014-01-15