−納豆は、食を彩る 主人公−


第21回気仙沼大会《ダイジェスト版》
宮城県気仙沼市に194点が大集結。
第21回審査結果
日本一は愛知県の山下食品さん。

No90 20th鑑評会当日。早食い大会、納豆食堂、ねば〜る君!
No89 20th鑑評会前日。偕楽園に水戸黄門像。納豆記念碑にねばり丼。
No70 世界最小の納豆屋
毎日12個は至高の12個

No.164 ショートケーキ風ミニタルト
カラフルで可愛く出来ました☆
No.133 生ハムと黒豆のカナッペ
黒豆納豆が見事にマッチ!
No.117 シュー納豆
ブルーベリーと黒豆が絶妙☆













第23回全国納豆鑑評会 受賞者インタビュー
有限会社菅谷商品 専務取締役 関本政英さん
聞き手 / 納豆文化村 久田隆敏


納親会長賞(大粒)「国産大粒つる姫納豆」
ひきわり部門賞(納豆連会長賞)「国産ひきわり納豆」



《ダブル受賞 受賞者インタビュー(9分43秒)》

ホテル天坊 2018年3月16日(金)13:30〜
東京都青梅市 菅谷食品さんにて

2018年2月23日(金)第23回全国納豆鑑評会が渋川市伊香保町のホテル天坊で開催され、東京都青梅市の菅谷商品さんが、納親会長賞とひきわり部門賞のダブル受賞を射止められました。 大粒は3回目、ひきわりは2年連続2回目と、まさに実力を遺憾なく発揮。
専務取締役の関本政英さんにお話をお伺いしました。

取材:納豆文化村/映像:天堂ストラテジー

《 ダブル受賞インタビューの内容 》

0:00〜イントロ。
0:22〜ダブル受賞について。
0:55〜過去6回受賞の経緯。
1:10〜10回大会の年に入社。
1:40〜20回大会で日本一。
1:55〜受賞時のイメージを大切に。
2:28〜工場全体の意識づけ。
2:52〜納豆の特長。
2:58〜北海道産ゆきほまれ。
3:22〜契約栽培。
3:50〜ひきわりの特長。
5:35〜2年連続受賞。
6:40〜製造工程について。

※第23回全国納豆鑑評会の関連レポート。

伊香保大会ダイジェスト 鑑評会審査風景
審査員コメント 受賞者インタビュー
受賞者インタビュー高丸食品 受賞者インタビュー菅谷食品



Copyright(C) 2001-2015 natto.com / All rights reserved